読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

自分なりにスピーキングの訓練をする事が大切

f:id:kuro021570445kun:20170104130751j:plain

日本人は、英語学習はそれなりに頑張っている傾向はあります。中間期末前に少し頑張って、英語力を伸ばすために、それなりに努力している学生も確かに多いのは事実です。しかしスピーキングに関する実情を見てみる限りでは、お世辞にも話す力が高いとは言えないのが現状です。

 

日本人のスピーキング力の低さ

ある時に、日本人の英会話力に関する客観的な測定が行われた事があります。ちなみに海外諸国と比較した上で、それを測定してみた訳です。
その結果、ちょっと残念なデータが見られたのです。海外の方々と比較をしても、日本人はとてもスピーキング力が低いというデータがありました。最下位というほどではありませんが、かなり低いレベルだった事は明らかです。

 

そもそもスピーキングの訓練を積んでいない

なぜそういう状況になってしまうかというと、やはり学校英語に関する問題点が挙げられます。
そもそも日本の学校は、やはりリーディングやライティングに偏っている一面は否めません。よく英会話教材で強調されているのですが、どうしても読み書きに偏ってしまい、肝心のリスニングなどが疎かになっている一面があります。訓練を受けていなければ、当然スピーキング力も伸び悩んでしまうでしょう。ある意味それは自然な結果なのです。

中にはスピーキング力が高い日本人も

ここで誤解を招きがちですが、もちろん全ての日本人のスピーキング力が低い訳ではありません。中には、非常にハイレベルな技術を備えている方々もいる訳です。
ただそういった方々は、それなりに訓練を受けている事だけは間違いないでしょう。少なくとも学校英語だけに限定せず、英会話スクールなどで訓練を受けている傾向があります。

 

学校以外で話す訓練を積む

そして、いずれ英語を駆使して活躍したいと考えるなら、やはりスピーキング力は欠かせません。時にはビジネスで英語で交渉を行う可能性もあるからです。そういった時に、相手に自分の英語の発音が通じなければ、ビジネスが成り立たない可能性があります。
それを何とかする為には、やはり誰かネイティブに話してみる他ありません。自分の発音の理解が正しいかどうかを、ネイティブに話してチェックしてみる訳です。その繰り返しを徹底して、スピーキングの訓練を積むことが一番重要と言えるでしょう。オンライン英会話などは、その為の有力なツールになってくれる可能性が大です。