読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

なぜ英語学習ではリスニングが大事なのか

f:id:kuro021570445kun:20170104123842j:plain

英語学習に関する方法は、既に色々と提唱されています。オンライン書店などを確認してみますと、学習に関する方法論を説明した書籍も、すでに幾つか刊行されているのです。実際にそれらを読んでみると分かりますが、多くの方々が提唱している方法は、たいていヒアリングが強調されています。英語を学ぶとなると、聞き取り要素は極めて大切なのです。

 

英会話では間違いなく大切

そもそも英語ヒアリングを行う目的は、まず間違いなく英会話です。将来的に海外の方々と話す可能性も、大いに考えられるでしょう。
それで相手と話をする以上は、どうしても相手の英語発音を聞き取る必要があります。理解度が曖昧ですと、意思疎通が中途半端になってしまう可能性もあるのです。英会話力をアップさせるという観点からは、まず間違いなくヒアリングは必要と言えます。

 

記憶する為にも必要

それだけではありません。英語の様々なフレーズなどを暗記する為にも、ヒアリングは欠かせないのです。
そもそも人間がどういう方法で記憶しているかというと、やはり音という要素が必要不可欠です。音楽などを毎日聞いていると、知らず知らずに耳に刻まれるでしょう。また日本語朗読を毎日聞いた時にも、同じく記憶に刻まれる傾向があります。
つまり何かを記憶したいと思う時には、音声要素が極めて重要なのです。英語力の伸ばしたいとなると、やはり多少の暗記は欠かせません。それをスムーズに進められるという意味で、リスニングはそれなりに意味がある訳です。

 

ライティングの基礎にもなる

それと英語で一番大きなハードルは、ライティングと言われています。正確な文法が求められますし、文章によって人となりを判断される事もあるからです。
ですが日本語を考えると分かりますが、そもそも何かを書く時には、知らず知らずに頭の中で音声フレーズが浮かんでいる傾向があります。頭の中に浮かんできた声を、即座に文字にするイメージです。リスニングとライティングは全く無関係なように見えて、実はつながっています。
そもそもライティングをスムーズに行う為にも、多少の暗記要素は求められるでしょう。文法のパターンなどを記憶していない事には、なかなかスラスラと書けません。
それで上記でも触れた通り、何かを記憶する時には、リスニングが大活躍してくれる訳です。リスニングによって頭の中にパターンが刻み込まれていれば、スラスラと書ける事も多いです。いずれ高度な英文を書く為にも、リスニング必要なのです。
こういった様々な理由によって、英語学習ではリスニングは大切と言えます。