読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

果たして翻訳サイトで英文を暗記する学習方法は適切か

f:id:kuro021570445kun:20170104130932j:plain

最近では、WEBのシステムは昔に比べると随分発達しました。翻訳に関するシステムも、一昔前と随分変わってきたのです。現に一部のサイトでは、即時翻訳できるシステムなども完備されています。したがってサイトで英文を翻訳してもらって、学習するという発想もあるのです。

 

翻訳サイトを用いて英文暗記

どういう事かと言うと、インターネットで調べ物をしていますと、たまに英文を目撃するでしょう。それでサイトによっては、この英文を翻訳しますか等というボタンが設置されている訳です。それをクリックする事により、直ちに英文が翻訳される訳です。
もちろんそのボタンが設置されているか否かは、サイトによって異なります。しかし最近では、コピー貼り付けで英文を即時翻訳できるサイトもあります。
それを用いて、とりあえず自分が作った日本語を、翻訳してもらうという発想もある訳です。何となく自分で日本語を作ってみて、それをサイトで翻訳し、英文暗記するというやり方も一応はあります。

 

文章の不自然さのデメリット

ですが、そのやり方は避けた方が良いでしょう。なぜなら、不自然さに関するデメリットがあるからです。
それは、英文を翻訳させてみるとよく分かります。上記のサイトでは英文も日本語に直してくれる訳ですが、訳された日本語を見てみると、はっきり言って何が書いてあるか分かりません。著しく不自然な日本語になっているからです。
つまり翻訳のサイトは、今なお不十分な一面がある訳です。それでも昔よりは技術レベルは随分向上しましたが、やはり日本語の不自然さという観点からは、まだ実用の段階ではありません。

 

英文暗記というより単語調べに活用

それで上記でも触れた通り、一応は英文を丸暗記するやり方もある訳です。ですが、何せ不自然な英文です。それを丸暗記したところで、まさに機械ならではの不自然な英文を習得してしまう可能性があります。そうやって習得した英文が、果たして英語のネイティブに伝わるかと言われれば、やや微妙な一面があるでしょう。
ただし、翻訳システムもやり方次第では役に立つ可能性があるのです。確かにセンテンス単位を翻訳するとなると、やや不十分な一面があります。しかし単語単位ならば、十分に実用レベルと言えるでしょう。ほんの1つの単語を翻訳してくれるという作業ならば、十分に役に立ってくれる訳です。
しかしセンテンス単位で翻訳をさせるのは、やはり控えた方が良いでしょう。あくまでも単語単位での活用がおすすめです。