読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

スクールでの英語学習の具体的方法

f:id:kuro021570445kun:20170104121133p:plain

 

英会話のスキルを上げるとなると、スクールという選択肢があります。

一昔前から、多くの方々が利用している方法です。

多少費用が発生する事になりますが、

確実にネイティブの方々と話すことができますから、

一昔前からそこに通う方々も多いです。

そしてスクールに通うとなると、

そこでの学習方法を知りたいと思う事もあるでしょう。

基本的姿勢としては、学校の授業とそれほど大きな違いはありません。

 

まずは予習を行う

そもそも学校の授業を完璧に理解する為には、

自学自習が求められる事が多いでしょう。

やはり予習を行ってから授業に臨む方が、

理解度合いも高まる傾向があります。

逆に予習を行っておかないと、

授業中における理解度合いが浅くなる事もある訳です。
スクールも、全く同じ事が言えます。

通学前に必ずスクールからテキストが渡されますから

それを自分なりの方法で予習する事が大切です。

やはりそれを徹底する方が、明らかに理解度が高まります。

 

授業中は分からない事だけメモを取る

それでスクールでレッスンを受ける訳ですが、

人によってはネイティブ講師が話すフレーズを

全て書き取ろうと頑張ってしまう事があります。

しかし、それは行わない方が良いでしょう。


そもそも講師が話す言葉を全て書き取ろうとしても、

やはり無理があります。

基本的には自分にとって目新しいフレーズだけを

書き取るようにする方が良いでしょう。

あれもこれもメモを取ろうとすると、

レッスンに集中できない可能性があります。

レッスン中は、あくまでも講師の話を理解する事に集中した方が良いです。

 

復習が最も大切

そしてレッスンを受けたら終了ではなく、

きちんと復習を行う事が大切です。

これも学校の授業とほぼ同じです。

復習をしなさいと、よく学校の先生か伝えられるでしょう。

あれは、実際その通りなのです。
テキストに書かれている事を全て丸暗記できれば、完璧ではあります。

しかしそこまで多く時間を充当する事が難しいケースは、

やはりあるでしょう。

自分なりに「ここまでやれば完璧」という基準を予め設定しておいて、

それをクリアできたら

無事レッスン完了という姿勢にしておくと良いでしょう。

ちなみに復習も、学校の授業と同じく数ヶ月置きなどに行った方が良いです。


何せ英会話スクールに通うにしても、

それなりに高いお金を払っています。

せっかく払う以上は、やはり自分なりに英語力を高めないと勿体ないです。

オーソドックスではありますが、

上記で触れた予習復習を徹底していれば、

  • それなりに英語力アップは期待できるでしょう。