読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

効率的な英語学習

f:id:kuro021570445kun:20170104120315j:plain

 

現在グローバル化が進み、英語が必要な時代になってきています。

例えば、ビジネス業界では海外に進出する企業が多く、

そういう企業で働く人たちには英語が必須になってきています。

 

ここで、英語を身に付けたい人たちに効率的な勉強方法を

紹介していきたいと思います。

 

まず、1つ目は、文法を勉強しすぎないことです。

 

多くの人は、学校の英語の授業で文法の授業をやらされているので、

自分で勉強をするときも文法を勉強しなければならないと思うかもしれません。

しかし、実はその必要はないのです。

 

というのは、学校で勉強させられる文法というのは、

受験で必要な文法です。

言い換えると、大学受験で出される英語という問題を解くために

必要な文法の授業なのです。

 

大学受験をしたことがある人はわかるかもしれませんが、

大学受験で出される英語の文法問題というのは、

まさに重箱の隅をつつくような問題ばかりです。

 

しかし、ビジネスで使ったり、

外国の人と会話するためにそのような文法の力は必要でしょうか。

もちろん必要はありません。

 

考えて欲しいのは、私たちが日本語を話すときに自分が話している

日本語の文法をきちんと理解して話しているかということです。

当たり前のことですが、

そんなことはなくなんとなく覚えてる文を話しているわけです。

 

だから、文法の勉強は最低限に抑えて、

他の勉強に回すのが効率的です。

文法の勉強が必要がないといっているわけではなく、

文法の勉強は薄い本ですませて、使う方に集中をするべきだと伝えたいのです。

 

次に紹介する英語の勉強の効率的な方法は、

同じ文章を何度も何度も音読をすることです。

世の中には英語の勉強を文法を調べたり単語を調べたりして、

意味がわかったら終わりにしてしまう人が多いです。

 

しかし、英語の勉強で大切なのはインプットではなくアウトプットです。

自分で意味を調べた文章を、自分が言えるフレーズになるまで

何度も練習をする必要があるのです。

 

例えば、サッカーに例えて話をしてみます。

サッカーをやっている人が、テレビや本などで、

この人はこういうところがうまいから

こういうプレーができるんだと納得することはできます。

 

もちろんそれが、大切じゃないとはいいません。

しかし、それを納得したところで

そのプレーが実際にできるようになるとは限りません。

 

それができるためには、膨大な練習量、

つまりアウトプットが大切なのです。

 

だから、英語の勉強も意味がわかる文章を自分のものにすることが大切です。

以上が、英語の勉強において効率的な方法になります。