読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

英語の学習法についての一考察

f:id:kuro021570445kun:20170104130932j:plain

英語学習というと多くの人は、中学校から高校まで6年間も学校で勉強しても、英語圏の人と全くコミュニケーションをとることができないので、学校で習う英語は全く役に立たないと思っている人もいるかもしれません。


一般的にいって、学校の英語学習は英文法中心の学習なので、英語が嫌いな人の中にはそれがいけなかったのではないかと思い、その反動から「外国の子供は英文法の学習なんてしなくても何の不自由もなく英語が話せるのだから、英語を学ぶのは英文法なんて不要だ。」と声高に叫ぶ人もいます。


確かに、英語を勉強し始めの頃はほとんど英語の知識もない中で、英文法の理屈ばかりで覚えることが膨大になり、英語が苦手になって嫌いになってしまった人も多いのかもしれないので、英文法に対して嫌悪感をいだくのかもしれません。


だから、このような人は、今までできなかった英語を学ぶためにたいていの場合は英文法の勉強をやらない英会話学校に通って生きた英語を学ぶことになるのです。

英語を母語として話す外国人は確かにネイティブな英語を操ることはできます。

 

しかし、日本語の教授法を受けていない普通の日本人がネイティブな日本語が話せても、それを日本語を母語としない人に教授することは難しいのと同様に、英語を母語として話す外国人がすべて英語を母語として話さない外国人にそれを教授するのは難しいと言うことを英語が苦手にもかかわらず、英会話学校に通っている人がこのことを分かっているのか疑問です。

 


英語の学習というものは、確かに何度も何度も毎日繰り返して学習を行わないと、それがものにならないものです。しかし、英語とは自然言語でありながら、文法理論も体系化されているので、新しく英語を学ぶ場合には、その理論の集大成である英文法を学ぶことが手っ取り早いので、学校では英文法を子供たちに教えているのです。

 


ですから、英語を学ぶ場合には、まずはしっかりと英語の理論である英文法を学び、それを英文解釈、英作文、会話などで何度も何度も繰り返し学習すれば無理なく無駄なく非常に効率よく英語を学ぶことができるのです。

 


この何度もやるということは、英語の勉強で使った英文を理解したからいいというものではなく、何度も何度も文字通り暗記するくらいまで読み込むのです。

 

ただ、そのためにまとまった時間を用意するのではなく、テレビコマーシャルの間にその日勉強した英文を音読するといった細切れ時間をうまく活用して毎日英語に触れることが英語学習をする上で大切なことだと思います。