読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

中高生にとっておすすめの英語学習の方法

f:id:kuro021570445kun:20170104130330j:plain

英語学習を行っている方々の状況は、とても多彩です。必ずしも社会人だけが、その学習を行うとは限りません。中学生や高校生なども、英語学習を行う事はあるでしょう。

 

学校で渡されるCDを何回も聞く

ところで中高生となると、おすすめの方法が1つあります。教科書のリスニング教材を、何回も聞いてみれば良い訳です。耳に焼き付けるくらいの勢いで、聞いてみた方が良いでしょう。
そもそも中学校や高校では、必ず英文を録音したCDなどが手渡される事になります。それを何回も聞いてみるのが一番良いのです。
学校に通学する道中で、ちょっとCDを聞く感じで問題ありません。意味を理解する事は全く考えず、音楽を聴くようなスタイルで聞いてみれば良いのです。

 

焼き付けば中間期末のスコアがアップ

これを実際に繰り返しますと、教科書の英文が自然と耳に焼き付く傾向があります。狙いはそこです。
一旦音声が耳に焼き付いた時には、かなり習得レベルが進んでいる傾向があります。あまり実感は無いかもしれませんが、確実に英語力は上がっているのです。
それでこれを実際に試すと分かりますが、中間期末テストの成績は間違いなく良くなるでしょう。少なくともヒアリング教材を全く使わないやり方と比べれば、間違いなく成績はアップします。そこがポイントなのです。

 

一度得意になれば英語力は伸びていく

一度でも成績が伸びると、やはり人間はだんだん勉強する事が楽しくなってきます。
そもそも苦手科目は、苦痛を覚えてしまうケースが多いでしょう。やはり苦手意識が強いので、アレルギーのような症状になってしまう訳です。
ところが得意科目になると、話は大きく異なってくるのです。だんだんと英語が好きになって、自然と英語学習もスムーズに進む傾向があります。後はスムーズに、英語力も上達していく事でしょう。
ことわざでも、好きこそ上達の秘訣などと強調される事もあるでしょう。実際、それはその通りなのです。

 

音読ではなくリスニングからスタート

ちなみに学校からは音読を中心に行うべきだと指導されますが、そもそも音読も正しい発音が習得できている事が前提になります。間違った発音で音読してしまいますと、和製英語の癖が身に付いてしまう可能性があるのです。そもそも、音読だけではなかなか英文を暗記できるものではありません。
それよりも、やはり上記で触れたリスニングから入ってみる方が良いでしょう。効果は大いに期待できます。