読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

英会話教室における英語学習

f:id:kuro021570445kun:20170104124430j:plain

 

英会話教室での英語学習は、

質の高いレクチャーを受けられる

可能性が高くなるのではないかと考えられています。

 

ここ数年は、全国の各地で英会話教室が運営されるようになり、

英語の本格的な勉強に取り組める環境が形成されています。

英語の読み書きに限らず、リスニングやスピーキングなどの実践的な英語の

スキルも定着させられる可能性が高く、

英会話教室に通いながら英語学習を実践することは、

メリットの大きなものであると認識されているのではないでしょうか。

 

 

英語圏に住んでいるネイティブスピーカーが講師になることもあるため、

生きた英語を習得できるとも認識されています。

そのため、幅広い年代の人が、

英語学習を始める際に英会話教室に通うことを

選択することに繋がっているのではないかと思います。

 

英語の習熟度によってクラスやコースが分けられていることもあり、

適切なレベルの学習が実現できる可能性も非常に高いと言えるでしょう。

 

自宅などでのセルフの学習に加えて、

英会話教室での講義を受ける取り組みも実践していくことにより、

短期間での英語の習得や上達に

期待が抱けるようになるのではないかと考えられています。

 

英語学習をする際に英会話教室での受講を取り入れることで、

持続的な英語の勉強が期待できる可能性も高まるのではないかと推測されています。

定期的に教室に通うことで英語の上達を測ることだけではなく、

英語学習をやめずに続けられるというメリットも生じるため、

積極的に教室に通う人が飛躍的に増加しています。

 

短い期間で英語の学習に躓かないように

フォローの入れられることもあるとされているため、

できるだけ英会話教室に通う習慣をやめることなく

英語の勉強に活かすことが大事であると言えるのではないかと思います。


英語学習を展開する人にとっては、

今後はより英会話教室の存在が身近なものとして

認識されるのではないかと予測されています。

 

これまで以上に多くの方面で

このような教室が新たに設けられていくとも見込まれているため、

実践的な英語の勉強に役立てられていくのではないかと推測されています。

 

また、初めて英語学習をしようとする人にとっても、

どのように英語の勉強を展開すればよいかレクチャーされるため、

メリットが大きくなるのではないかと思います。

 

様々な英語のレベルの人に対して、適切な講義が実施されるとみられており、

  • 英語の学習を効率的に展開できる可能性も高くなるのではないかとみられています。

多彩な方法で行われる英語学習

f:id:kuro021570445kun:20170104124251j:plain

 

英語学習は、現在多彩な方法で

展開されるようになり始めているのではないかと考えられています。

 

英語を効率的に学習するための方法が模索されているため、

このような特色が鮮明に確認されることに繋がっています。

 

近年活発に取り入れられる英語学習の方法としては、

スマートフォンタブレットなどの電子端末の利活用が挙げられています。

 

日常的に利用する端末を英語の勉強に役立てることで、

継続的な学習や効率の高い勉強ができる可能性が出てくるとされています。

ここ数年は、若い年代の人が英語学習に本腰を入れる特徴も強くなりつつあるため、

スマートフォンなどで日常的な英語の勉強のできるように、

環境が整備されています。

 

スマートフォンタブレットなどで英語の勉強ができるように、

専門的なアプリが配信される動きは近年とりわけ活発に見受けられています。

アプリによって学習の方法が異なっていると考えられているものの、

英語のスキルを高めるための勉強ができるように、

仕組みが形成されているのではないかと思います。

 

気軽に英語に親しむことができたり、

継続的に勉強ができたりすると考えられているため、

英語のアプリをダウンロードして利用することは

メリットが大きいと言えるのではないでしょうか。

 

若い年代の人からは、特にこのようなアプリが

スマートフォンタブレットなどのツールに

ダウンロードされていると考えられており、

非常に高い頻度でこの学習法が取り入れられていると推測されています。

 

また、英語学習を段階的に行っていきたい人に対しては、

英語の書籍などの活用が推奨されています。

現在では非常に多くの英語学習用の書籍が販売されているため、

自分の英語のレベルに合わせて書籍を選択でき、

確実に学習できる可能性が極めて高いと言えるのではないでしょうか。

 

自分のペースで英語の勉強ができる点も、

専用の書籍を利用することの利点であるとみられており、

活用されているのではないかと思います。


このようにして、英語学習には様々な形式の方法が

取り入れられているのではないかと考えられています。

 

今後も多種多彩な方法によって、

英語の勉強ができるよう環境が整備されていくのではないかと見込まれています。

新たに英語の勉強に取り組む人も、

今後は更に多くなるのではないかと予想されています。

そのため、より多彩な方式で英語学習ができるように、

環境が形成されることに期待が掛けられるのではないかとみられています。

なぜ英語学習ではリスニングが大事なのか

f:id:kuro021570445kun:20170104123842j:plain

英語学習に関する方法は、既に色々と提唱されています。オンライン書店などを確認してみますと、学習に関する方法論を説明した書籍も、すでに幾つか刊行されているのです。実際にそれらを読んでみると分かりますが、多くの方々が提唱している方法は、たいていヒアリングが強調されています。英語を学ぶとなると、聞き取り要素は極めて大切なのです。

 

英会話では間違いなく大切

そもそも英語ヒアリングを行う目的は、まず間違いなく英会話です。将来的に海外の方々と話す可能性も、大いに考えられるでしょう。
それで相手と話をする以上は、どうしても相手の英語発音を聞き取る必要があります。理解度が曖昧ですと、意思疎通が中途半端になってしまう可能性もあるのです。英会話力をアップさせるという観点からは、まず間違いなくヒアリングは必要と言えます。

 

記憶する為にも必要

それだけではありません。英語の様々なフレーズなどを暗記する為にも、ヒアリングは欠かせないのです。
そもそも人間がどういう方法で記憶しているかというと、やはり音という要素が必要不可欠です。音楽などを毎日聞いていると、知らず知らずに耳に刻まれるでしょう。また日本語朗読を毎日聞いた時にも、同じく記憶に刻まれる傾向があります。
つまり何かを記憶したいと思う時には、音声要素が極めて重要なのです。英語力の伸ばしたいとなると、やはり多少の暗記は欠かせません。それをスムーズに進められるという意味で、リスニングはそれなりに意味がある訳です。

 

ライティングの基礎にもなる

それと英語で一番大きなハードルは、ライティングと言われています。正確な文法が求められますし、文章によって人となりを判断される事もあるからです。
ですが日本語を考えると分かりますが、そもそも何かを書く時には、知らず知らずに頭の中で音声フレーズが浮かんでいる傾向があります。頭の中に浮かんできた声を、即座に文字にするイメージです。リスニングとライティングは全く無関係なように見えて、実はつながっています。
そもそもライティングをスムーズに行う為にも、多少の暗記要素は求められるでしょう。文法のパターンなどを記憶していない事には、なかなかスラスラと書けません。
それで上記でも触れた通り、何かを記憶する時には、リスニングが大活躍してくれる訳です。リスニングによって頭の中にパターンが刻み込まれていれば、スラスラと書ける事も多いです。いずれ高度な英文を書く為にも、リスニング必要なのです。
こういった様々な理由によって、英語学習ではリスニングは大切と言えます。

英語学習の効率を測定する目的でTOEICを活用

f:id:kuro021570445kun:20170104123713j:plain

英語学習をする場合、自分なりに様々な方法を試みるやり方もあります。人によっては、自分で考案した方法で学びたいと思う事はあるでしょう。ただ問題は、それできちんと効果が出ているか否かです。それを確認する為に、TOEICという試験などは活用してみると良いでしょう。

 

合格不合格ではないTOEIC

よく誤解されがちですが、TOEICには合格という概念がありません。英検とは全く異なる試験になります。
基本的にこの英語資格は、絶対数字でスコアが表示される事になるからです。どういったレベルでも、必ずスコアが算出されます。
それでスコアが400レベルとなると、若干低いと判断される傾向があります。逆に800レベルとなると、それなりに基礎力が備わっていると判断できる訳です。この客観的なスコアは、活用しない手はありません。

 

英語学習の様々なやり方を試してTOEICで測定

それで例えば、ある時にTOEICを受験して、スコアが500点レベルだったとします。それでは少々低いので、自分なりに試行錯誤をして、ある英語学習の方法Aで頑張ってみる訳です。それで試しに3ヶ月ほど頑張ってみたとしましょう。それで改めてTOEICを受験してみた結果、同じく500点レベルだったとします。
それで全く別のやり方Bを試してみて、同じ事を行います。今度は500点レベルではなく、650点レベルだったとします。
この場合は、明らかにやり方Bが妥当と言えるでしょう。英語学習の効率が良いか否かを知る為には、TOEICというテストはそれなりに意味がある訳です。
ちなみにTOEICだけではありません。アメリカではTOEFLというテストもありますが、留学生向けバージョンになります。それで英語力の伸びを測定してみるのも一法でしょう。

 

ランダム出題のソウトウェアを活用

ちなみにTOEICに関する教材も、既に色々と登場しています。昨今では、CD-ROM教材もあるのです。
その教材のメリットですが、TOEICの過去問を踏襲した模擬テストが、ランダム出題される仕組みになっているのです。もしもTOEICを受験する事が面倒ならば、模擬試験でも問題無いでしょう。それでも十分に、学習の伸びを測定する事は可能だからです。
このように何らかの客観的なテストなどを用いて、英語学習の効率を測ってみる事は、大いに意義があります。人によっては何か目標があって、効率良く英語を学びたい事もあるでしょう。効率的な学習を求めるなら、TOEICは大いにおすすめと言えます。

完全無料での英語学習とそのデメリット

f:id:kuro021570445kun:20170104123524j:plain

英語学習をするとなると、費用に関する問題が生じる事はあります。やり方によっては、それこそ大きな費用を払う事もあるのです。それだけに、できるだけ費用を抑えて学習してみたいと思う事もあるでしょう。完全無料で英語学習をする方法は、いくつか存在します。ただ効率面の意味で、余りおすすめできません。

 

街で見かけるネイティブに話すやり方

そもそも東京地域の街を歩いてみますと、たまに英語ネイティブの方々を目撃するでしょう。その方と会話を試みるやり方も、一応あるのです。確かにそれなら、完全無料にはなるでしょう。
しかし、やはり効率が良くありません。そもそも街で常時ネイティブが歩いているかと言われれば、そうとは断言できないでしょう。最近では目撃頻度も高まっていますが、それでも常時そういう方々と対面できるとは限らない訳です。

 

海外の英語音声をダウンロードする

完全無料となると、海外サイトをフル活用するやり方もあります。そもそもインターネットならば、世界中とつながる事は明らかでしょう。イギリスやアメリカのサイトを見てみて、英語音声とスクリプトがワンセットでダウンロードできるサイトも、中にはあるのです。ニュースサイトや、ESLなどのサイトでは、そういった情報が掲載されているケースも目立ちます。
しかし教材のレベルが、必ずしも自分と合致するとは限りません。そもそも全てが英語になりますから、日本語訳がありません。初級者の方々にとっては、ややハードルは高めになるでしょう。中級以上ならば、悪くない選択肢ではあります。

 

英語国籍の方とお友達になる

その他の方法は、Penpalと会話をするやり方もあります。海外国籍の方々と仲良くなってみる訳です。海外では、日本人と仲良くなってみたいと考える方々は、意外と多く見られます。
しかし、それもやはり効率に関するデメリットがあるのです。相手を見つける迄が一苦労でしょう。一旦見つかるとスムーズですが、そこに至るまでの道のりが非常に長いです。

 

スクールやCD教材が手っ取り早い

このように完全無料の英語学習の方法はいくつかあります。しかし上記でも触れた通り、どれもあまり効率が良くありません。英語が上達するまでには、多少時間を要してしまうでしょう。
それよりは、やはり英会話スクールやCD教材が最も手堅いです。特に後者のCDなどは、いつでも自分の好きな時間帯に学習できるでしょう。効率を求めるならば、やはりお金をかけた方が良い訳です。

オンライン英会話はどうやって活用すると良いか

f:id:kuro021570445kun:20170104122946p:plain

最近では英語学習をする為に、ネット媒体がフル活用されている一面はあります。いわゆるオンライン英会話に興味を持つ方々も、とても多いです。それは場所を問わずに学習できるメリットが大きいです。全体的に東南アジア諸国の方々と、チャットできるようになっています。ただしそれは、自分の上達度合いを確認する目的で活用すると良いでしょう。

 

オンライン英会話の主たる魅力

そのシステムに関する魅力は、上記で触れた場所といった要素だけではありません。時間帯に関するメリットもあるのです。
基本的にスクールなどでは、学習時間は限られてしまう一面があります。さすがに深夜の時間帯にスクールに行く事は、少々困難でしょう。しかしオンライン英会話なら、24時間スタイルになります。幅広い時間帯でマイペースに学習できるという意味では、メリットは大きいです。
また使い方によっては、料金がかなり安くなります。短時間レッスンで済まれば、料金を低く抑えることは大いに可能だからです。

 

暗記用教材が無いデメリット

しかしそれには、デメリットがあるのもまた事実です。暗記に用いる教材が、ほとんどありません。基本的には会話のみで終了するスタイルになりますから、何かフレーズを覚える目的となると、少々難しくなるでしょう。
その代わり英会話の練習という意味では、とても優れた手段ではあります。

 

上達度合いを確認したいというニーズ

ところで英会話学習を進める場合は、自分がどれ位レベルアップしたかを知りたいと思う場合があります。自分なりに様々な方法を試して、果たして効果が出ているかどうかを知りたいと思う事はあるでしょう。
それでオンライン英会話ならば、直ちにネイティブの方々と話せます。それで自分の英語発音が通じるかどうかも、即座に確認する事ができる訳です。
自分なりの方法で頑張っていても、相手に話が通じなければ、あまり意味がありません。オンライン英会話なら、場所を問わずにそれを確認できる訳です。

 

暗記というよりは自己チェック目的で活用

これらを考慮しますと、オンライン英会話は何か新しいフレーズなどを学習するというよりは、むしろ自分の上達度合いをチェックする目的で活用する方が良いでしょう。自分ではかなり上達したと思い込んでいても、実際にはそれほどレベルアップしていない事もあります。スクールよりもマイペースな時間帯でレベルの伸びを確認できるのが、そのシステムの魅力と言えるでしょう。

英語学習で単語を覚えていく為の具体的やり方

f:id:kuro021570445kun:20170104122606j:plain何らかの学問などを学ぶとなると、それなりに暗記が必要になる事はあります。そもそも日本語にしても、暗記が必要である事は間違いありません。漢字を暗記しておかなければ、読み書きすら難しい事もあります。当然それは、英語学習にも当てはまる訳です。それで英語における暗記となると、英単語を想起する方々も多いでしょう。

 

英単語は絶対に必要

まず当然ではありますが、英単語は必ず必要です。理由は上記でも触れた通り、最低限の暗記をしておかない事には、やはり学習がスムーズに進まないからです。
日本語学習でも漢字は覚える必要がありますが、英単語を全く暗記せずに学習しようと試みる事は、どう考えても無理があります。少なくとも英単語暗記ゼロでは、大学入試で受かることも難しいでしょう。

 

良い単語集と英英辞典を購入

それで具体的な暗記方法ですが、まずは単語集の購入からです。英会話の書籍コーナーに行けば、多くの単語集が販売されているでしょう。どれか1つ、使いやすそうな物を選べば問題はありません。
ちなみに単語数としては、1,000くらいで問題無いでしょう。5,000も8,000も覚える必要はないからです。英単語を丸暗記する労力は、できるだけ少ないに越した事はありません。
それと、英英辞典も購入します。ただし単語の定義が文章によって表現されている辞典が良いでしょう。類義語辞典ではなく、あくまでもセンテンスで表現されている辞書がおすすめです。

 

英単語と日本語を交互に読んでいく

それで具体的な暗記方法ですが、次のような音読方式で問題ありません。
例えば英単語がEnglishで、定義が英語と書かれているとします。この場合、まずは英単語をそのまま1回音読します。そして間髪入れずに、日本語の意味もそのまま読みます。つまり「English英語」と一気に読む訳です。
これを毎日繰り返すだけです。30日も繰り返していれば、だいぶ単語帳を暗記する事ができるでしょう。

 

英文を見かける都度に英英辞典を音読する

上記の単語帳で丸暗記をしたら、今度は辞書に移ります。分からない単語を見かける度に辞書で意味を調べれば良い訳ですが、その時に必ず行うべき事があって、辞書の定義文章を音読する事です。必ず10回音読するよう心がけます。
これを毎日のように繰り返していると、自然と単語の数が増えていく事は間違いありません。単語を覚えると同時に、英文法の勉強もできますから、一石二鳥と言えます。