読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果が得られる英語学習法

英語学習には「伸ばしたい能力に応じた学習法」があります!代表的な学習法についてまとめてご紹介します

果たして翻訳サイトで英文を暗記する学習方法は適切か

f:id:kuro021570445kun:20170104130932j:plain

最近では、WEBのシステムは昔に比べると随分発達しました。翻訳に関するシステムも、一昔前と随分変わってきたのです。現に一部のサイトでは、即時翻訳できるシステムなども完備されています。したがってサイトで英文を翻訳してもらって、学習するという発想もあるのです。

 

翻訳サイトを用いて英文暗記

どういう事かと言うと、インターネットで調べ物をしていますと、たまに英文を目撃するでしょう。それでサイトによっては、この英文を翻訳しますか等というボタンが設置されている訳です。それをクリックする事により、直ちに英文が翻訳される訳です。
もちろんそのボタンが設置されているか否かは、サイトによって異なります。しかし最近では、コピー貼り付けで英文を即時翻訳できるサイトもあります。
それを用いて、とりあえず自分が作った日本語を、翻訳してもらうという発想もある訳です。何となく自分で日本語を作ってみて、それをサイトで翻訳し、英文暗記するというやり方も一応はあります。

 

文章の不自然さのデメリット

ですが、そのやり方は避けた方が良いでしょう。なぜなら、不自然さに関するデメリットがあるからです。
それは、英文を翻訳させてみるとよく分かります。上記のサイトでは英文も日本語に直してくれる訳ですが、訳された日本語を見てみると、はっきり言って何が書いてあるか分かりません。著しく不自然な日本語になっているからです。
つまり翻訳のサイトは、今なお不十分な一面がある訳です。それでも昔よりは技術レベルは随分向上しましたが、やはり日本語の不自然さという観点からは、まだ実用の段階ではありません。

 

英文暗記というより単語調べに活用

それで上記でも触れた通り、一応は英文を丸暗記するやり方もある訳です。ですが、何せ不自然な英文です。それを丸暗記したところで、まさに機械ならではの不自然な英文を習得してしまう可能性があります。そうやって習得した英文が、果たして英語のネイティブに伝わるかと言われれば、やや微妙な一面があるでしょう。
ただし、翻訳システムもやり方次第では役に立つ可能性があるのです。確かにセンテンス単位を翻訳するとなると、やや不十分な一面があります。しかし単語単位ならば、十分に実用レベルと言えるでしょう。ほんの1つの単語を翻訳してくれるという作業ならば、十分に役に立ってくれる訳です。
しかしセンテンス単位で翻訳をさせるのは、やはり控えた方が良いでしょう。あくまでも単語単位での活用がおすすめです。

盲人向け教材を3ヶ月聞き続ける英語学習の方法

f:id:kuro021570445kun:20170104130330j:plain

アメリカは、学習教材はとても豊富です。日本ではなかなか見つけづらい教材なども、アメリカでは比較的簡単に入手する事ができます。その1つとして、耳があまり良くない方々向けの英文書籍に着目してみると良いでしょう。効果はかなり期待できるからです。

 

盲人用の書籍が豊富に販売されているアメリカ

アメリカというのは、日本とはかなり異なる一面があります。耳があまり良くない方々向けの書籍も、かなり数が多く揃っているのです。
例えば、英語の小説などがあるでしょう。既に16世紀以降からは、多くのアメリカ国籍の作家や、イギリス人の作家の方々が小説を刊行しています。しかしメが不自由となると、当然それらの書籍を読む事は難しくなるでしょう。
ところが米国では、そういった小説を全文朗読したCDやカセットなどが販売されているのです。まさに一字一句全てが、収録されているのです。日本ではなかなか見かけない音声書籍と言えます。向こうでは、それも簡単に手に入る訳です。

 

インプット量のメリットがある

こういった教材は、是非フル活用すると良いでしょう。やはり小説という教材は、それなりに大きな力は期待できるからです。
そもそも英語学習を行うにしても、やはりそれなりにインプット量は確保する必要があります。市販の英会話教材を一冊完了させるだけでは、実は不十分なのです。英文が収録された小説を1つ完全にマスターすると、相当な量がインプットできます。
つまり目が不自由な方々向けの小説を用いて、耳からインプットしてみれば良い訳です。何せ小説によっては、それこそ数百ページになるでしょう。それだけの分量をインプットできれば、それなりに英語力の向上も期待できる訳です。

 

3ヶ月は聞き流してインプット

やり方としては、聞き流すスタイルで問題はありません。その音声が収録されている小説を、ひたすら聞き続ける事になります。
少なくとも3ヶ月くらいは、その地味な作業を継続するべきでしょう。ちなみに実際に実行してみると分かりますが、朗読された小説はなかなか味があります。活字で小説を読むのとは違って、かなり独特な体験ができるでしょう。それも、この学習スタイルの魅力なのです
それで3ヶ月も地味な作業を続けると、英語力はそれなりにアップします。TOEICのスコアも、それなりに伸びるでしょう。効率良くインプットしたいと思うなら、盲人向け小説は最適な教材と言えます。

ラジオのように同じ英文を聞き続けて英語学習

f:id:kuro021570445kun:20170104123713j:plain

最近では、ラジオを聞く方々もやや少なくなってきています。どちらかと言えば、テレビやネット番組などを見る方々が多い状況です。しかしラジオを聞き流すようなやり方は、実は英語学習では一定の成果は期待できるのです。特に主婦の方々にはおすすめの方法と言えます。

 

購入したCDをラジオのように流す

具体的なやり方は、次の通りです。まずは書店などに足を運んで、それなりの長さの英文が収録されている教材を、1つ選びます。
それで自宅にそれを持ち帰ったら、今度はCDプレーヤーなどで流すようにする訳です。この時、ラジオを流しているようにします。特に英文のCDを、一生懸命に理解しようと勤める必要はありません。本当に流すだけで十分です。

 

同じCDだけを毎日聞く

それでこのやり方を実行する上で、1つ注意点があります。決して別のCDにするべきではあります。一度購入したCDは、原則としてずっと使い続ける事になるからです。
したがって途中でCDに飽きたからと言って、別の教材に乗り換えるべきではありません。あくまでもずっと1つのCDを聞き続ける事になります。

 

徐々に耳に英文が刻まれる

このラジオの聞き流しのようなやり方をずっと続けていると、だんだんと耳に英文が刻まれるようになってきます。
イメージとしては、音楽が耳に刻まれる状況に似ています。毎日同じ音楽を聞き続けていると、自然と鼻歌が出てくる事もあるでしょう。口から自然に英文が出てくる位の状態になれば、かなり英語力が伸びていると考えて間違いありません。

 

ながら作業と実力アップのメリット

このやり方のメリットですが、ながら作業が可能な点です。
そもそも主婦の方々などは、なかなか英語学習の時間を割く事が難しいでしょう。家事などが非常に忙しいからです。小さなお子様が居るとなると、もちろん面倒を見る必要があります。
しかしラジオのように流した状態なら、特に問題は無いでしょう。一応耳から英文が聞こえながらも、いつも通りに家事を行う事ができます。有効に時間を使う事が可能ですから、主婦の方々には最適な学習方法と言える訳です。
またこの方法は、確実に効果があります。個人差もありますが、3ヶ月も同じCDを聞き続けていると、相当耳に英文が刻み込まれるからです。それだけ期間が経過すれば、英語力もかなり伸びていると考えて良いでしょう。
したがって何か理由があって、ちょっと英語力を伸ばしたいと思う主婦の方々にとっては、おすすめの方法と言えます。

私が思う英語学習の大切さ

f:id:kuro021570445kun:20170104123524j:plain

最近では、日本に来る外国人の方々増えてきているかと思います。
観光客や、お仕事関係、または留学など様々な形で日本に来ているかと思います。
中には日本語がほぼ分からない方もいると思います。
もしかしたらそんな方に話しかけられるかもしれません。
そんな時に英語が話せないと困りますよね。
なので私は英語学習は大切だとおもいます。
日本でも、今では小学生の頃から授業で英語の勉強をすると聞きした。
私が小学生の時にはしっかりした英語の授業など無かったかと思います。
私が、本格的に英語の勉強をしたのは、中学生からです。
中学生からは、授業の中に英語がありました。
もちろん、最初は数字や動物と言った大体みんなが知っているような英語でしたが、会話などになると、全然分かりませんでした。
最初は英語なんか外国に行かないから使わないだろなどと思っていました。
ですが、ある日電車に乗っていたら外国人の方に道を訪ねられ、英語がわからず助けてあげることができませんでした。
この時、やはり英語は勉強しておくべきだなとおもいました。
それから私は、気になった単語などを調べたり、書いてみたりするようにしました。
日常生活の中で、どんな意味なんだろう?と思ったことを調べて、メモしておくと、意外と覚えることができました。
また、分かったことを人に教えるということがいいと思いました。
相手に分かってもらえたら、自分も分かってる!という自信がつくと思います。
英語は、発音してみる、書いてみる、などして覚えていくと良いと思います。
英語学習をして、会話などできる程度の知識は持っていて損することはないと思います。
私も、前回のように役に立てないというのは嫌なので、これからも自分でしっかり英語学習をして行きたいと思いました。
これから、まだまだ英語に触れ合う機会はあるかと思います。
その時に少しでも英単語を知っていたりすれば、きっと英語学習をしっかりしていて良かったなと思えるかと思います。
苦手な方も、自分に合った学習方法をみつけ、少しづつ学んでいけたら良いのではないかなと思います。
2020年にはオリンピックが東京で行われます。
そうなると、沢山の外国の方々が日本に来ると思います。
もしかしたら道を訪ねられたり、話しかけられたりするかも知れません。
その時のために英語学習をしておいたら役に立つのではないかなと思います。
私も、英語学習ができるような本や、サイトなどを利用してもっと英語学習をして知識を広げていけたら良いなと思いました。

効率的な英語学習

f:id:kuro021570445kun:20170104120315j:plain

 

現在グローバル化が進み、英語が必要な時代になってきています。

例えば、ビジネス業界では海外に進出する企業が多く、

そういう企業で働く人たちには英語が必須になってきています。

 

ここで、英語を身に付けたい人たちに効率的な勉強方法を

紹介していきたいと思います。

 

まず、1つ目は、文法を勉強しすぎないことです。

 

多くの人は、学校の英語の授業で文法の授業をやらされているので、

自分で勉強をするときも文法を勉強しなければならないと思うかもしれません。

しかし、実はその必要はないのです。

 

というのは、学校で勉強させられる文法というのは、

受験で必要な文法です。

言い換えると、大学受験で出される英語という問題を解くために

必要な文法の授業なのです。

 

大学受験をしたことがある人はわかるかもしれませんが、

大学受験で出される英語の文法問題というのは、

まさに重箱の隅をつつくような問題ばかりです。

 

しかし、ビジネスで使ったり、

外国の人と会話するためにそのような文法の力は必要でしょうか。

もちろん必要はありません。

 

考えて欲しいのは、私たちが日本語を話すときに自分が話している

日本語の文法をきちんと理解して話しているかということです。

当たり前のことですが、

そんなことはなくなんとなく覚えてる文を話しているわけです。

 

だから、文法の勉強は最低限に抑えて、

他の勉強に回すのが効率的です。

文法の勉強が必要がないといっているわけではなく、

文法の勉強は薄い本ですませて、使う方に集中をするべきだと伝えたいのです。

 

次に紹介する英語の勉強の効率的な方法は、

同じ文章を何度も何度も音読をすることです。

世の中には英語の勉強を文法を調べたり単語を調べたりして、

意味がわかったら終わりにしてしまう人が多いです。

 

しかし、英語の勉強で大切なのはインプットではなくアウトプットです。

自分で意味を調べた文章を、自分が言えるフレーズになるまで

何度も練習をする必要があるのです。

 

例えば、サッカーに例えて話をしてみます。

サッカーをやっている人が、テレビや本などで、

この人はこういうところがうまいから

こういうプレーができるんだと納得することはできます。

 

もちろんそれが、大切じゃないとはいいません。

しかし、それを納得したところで

そのプレーが実際にできるようになるとは限りません。

 

それができるためには、膨大な練習量、

つまりアウトプットが大切なのです。

 

だから、英語の勉強も意味がわかる文章を自分のものにすることが大切です。

以上が、英語の勉強において効率的な方法になります。

英語の学習法についての一考察

f:id:kuro021570445kun:20170104130932j:plain

英語学習というと多くの人は、中学校から高校まで6年間も学校で勉強しても、英語圏の人と全くコミュニケーションをとることができないので、学校で習う英語は全く役に立たないと思っている人もいるかもしれません。


一般的にいって、学校の英語学習は英文法中心の学習なので、英語が嫌いな人の中にはそれがいけなかったのではないかと思い、その反動から「外国の子供は英文法の学習なんてしなくても何の不自由もなく英語が話せるのだから、英語を学ぶのは英文法なんて不要だ。」と声高に叫ぶ人もいます。


確かに、英語を勉強し始めの頃はほとんど英語の知識もない中で、英文法の理屈ばかりで覚えることが膨大になり、英語が苦手になって嫌いになってしまった人も多いのかもしれないので、英文法に対して嫌悪感をいだくのかもしれません。


だから、このような人は、今までできなかった英語を学ぶためにたいていの場合は英文法の勉強をやらない英会話学校に通って生きた英語を学ぶことになるのです。

英語を母語として話す外国人は確かにネイティブな英語を操ることはできます。

 

しかし、日本語の教授法を受けていない普通の日本人がネイティブな日本語が話せても、それを日本語を母語としない人に教授することは難しいのと同様に、英語を母語として話す外国人がすべて英語を母語として話さない外国人にそれを教授するのは難しいと言うことを英語が苦手にもかかわらず、英会話学校に通っている人がこのことを分かっているのか疑問です。

 


英語の学習というものは、確かに何度も何度も毎日繰り返して学習を行わないと、それがものにならないものです。しかし、英語とは自然言語でありながら、文法理論も体系化されているので、新しく英語を学ぶ場合には、その理論の集大成である英文法を学ぶことが手っ取り早いので、学校では英文法を子供たちに教えているのです。

 


ですから、英語を学ぶ場合には、まずはしっかりと英語の理論である英文法を学び、それを英文解釈、英作文、会話などで何度も何度も繰り返し学習すれば無理なく無駄なく非常に効率よく英語を学ぶことができるのです。

 


この何度もやるということは、英語の勉強で使った英文を理解したからいいというものではなく、何度も何度も文字通り暗記するくらいまで読み込むのです。

 

ただ、そのためにまとまった時間を用意するのではなく、テレビコマーシャルの間にその日勉強した英文を音読するといった細切れ時間をうまく活用して毎日英語に触れることが英語学習をする上で大切なことだと思います。

数学と同じく1つの教材に集中するのが大事な英語学習

f:id:kuro021570445kun:20170104131251j:plain

数学の勉強をする時には、よく一冊を徹底的に学習するべきと強調されます。問題集や参考書のどちらを用いるにしても、殆ど完璧なレベルになるまで、繰り返し学習するべきと強調されるケースが多々あるのです。それは英語学習に対しても、全く同じ事が言えます。

 

学校から渡される問題集を徹底理解

そもそも数学の勉強をするにしても、必ず学校から問題集を渡されている筈です。基本的には、実はそれ一冊で特に問題は無いのです。
多くの学生の方々は、他の教材に浮気をしてしまっている傾向があります。学校から渡される問題集ではなく、全く別の教材で学んでいるケースが、しばしば見られるのです。
ところで他の教材を購入してしまうと、どちらか片方が中途半端になってしまう事があります。学校の問題集の習得レベルが中途半端になり、数学の力の伸び悩みが生じる事も珍しくないです。それを避ける為には、むしろ学校から渡される問題集に集中した方が良いと言えます。

 

英語学習での中途半端の問題点

それで英語学習でも、全く同じ事が起こり得る訳です。そもそも英語力を高めたいと思うなら、実は学校の教科書でも十分なのです。それ以外に手を出してしまうよりは、明らかに伸びが変わってくる傾向があります。
教科書によって英語学習する多くの学生は、途中で飽きてしまう事があるのです。それで他の問題集に手を出してしまって、英語力が伸び悩んでしまうケースがしばしば見られます。
しかし上記の数学と同じく、それは行わない方が良いでしょう。やはり学校から渡される教科書に集中する方が、明らかに英語力が伸びやすいからです。多少の退屈感などは伴いますが、それでも力は確実に伸びる傾向があります。

 

どれか1つに集中する事が大切

結局は、自分にとって相性の良い教材を選ぶ事が、最も大切と言えるでしょう。そもそも上記のように他の教材に手を出してしまう事は、自分とあまり相性が良くないと感じているからです。
逆にどれか1つ相性がぴったり合う教材を選ぶ事は、それなりに意味がある訳です。現に自分にぴったりな教材を選んでおけば、実は学校の英語教科書を使わなくても、それなりに英語力を伸ばす事は可能なのです。上記の数学と、ほぼ同じです。
結局はどれか1つに集中する姿勢が大切と言えるでしょう。その為にも、教材選びだけは徹底的にこだわっておきたいものです。

英語教材選びに迷っているなら七田式英会話がオススメ。